悩み

1/2ページ

大事なテストで失敗したら

結果は変わらない 共通テストや入試。これまでの頑張りが数字ではっきり評価されます。 その数字は大きな意味を持ち、心理面に大きな影響を与えます。   結果が「成功だ、やった」と評価できるものであることもあり、 結果が「最悪だ、ダメだ」と評価できることもある。  

成績がどんどん上がる、思考の管理術(①授業中編)

授業を聞いているだけでぐんぐん成績が上がるひと、いますよね 受験期の私の英語はまさにそれでした 生徒の時は自覚がありませんでしたが、 講師を始めてかなり経ってからその理由が分かりました   その原因は授業中にやっていることが とても少なかった これにつきます   今でいう全集中というやつです   他の人と比べて 授業中に考えること、主に「悩むこと」が ほんとに0 でし […]

【超重要】寝坊する人は合格しない【長編】

同じ時間に生きていても 異なる世界に人は生きている 「間に合う」ことの大切さ   時間に余裕がある人とそうでない人は 同じ世界に住んでいるように見えて、まったく違う生活をしています   それは天国と地獄のように違う生活です

60点勉強法のすすめ

日本人に多いとされる完璧主義   その思想は様々なことに予想以上の障害を生みます 普段の生活でももちろんのこと 特に受験勉強にこの思想を持ち込むと最悪です   今回はなぜその思想がよくないか そしてそれはどうすれば改善できるのか 「60点勉強法」について  

目標を立てるのがヘタだと不幸になる①

「明日は6時に起きよう」 「人に会ったら挨拶しよう」 「家を出るときは右足から出よう」   「次の模試で80点とろう」   どれも目標として成り立ちますよね。しかし、ある視点からみると最後の目標だけ異質なものです。 そしてこのようなタイプの目標は、受験勉強のそれとしてはいい目標ではありません。  

目標を立てるのがヘタだと不幸になる②

  先回お話しした目標を立てるのがヘタだと不幸になる①で、いい目標と危険な目標があることに触れました。 目標は はっきりと目視できる目印のようなものでなければならない。   そこで、どのような目標がいい目標になるのか簡単な判断の仕方について書いてみます。     立てた目標が悪い目標であるときは、その目標が達成できるかわからないという場合です。 例えば「次の […]