教科書の役割

教科書の役割

「勉強しなさい」

「どうやって?」

「どうって・・・、教科書読んだり、宿題やったりいろいろあるでしょ!」

「教科書ってどうやって読めばいいの?」

「えっ・・・?読むったら読むのよ!」

「教科書を読む」、「授業をちゃんと聞く」、「宿題をする」、「問題を解く」、「復習をする」・・・

これらはすべて「やり方」ではなく、動作や行動の名前です。

同じく「勉強しなさい」も「勉強しよう」も、同じですね。

それぞれの行動、動作には正しいやり方があります。

ところがそのやり方がわかっていない生徒は多いものです。

頑張って勉強してもうまくいかない・・・・

そんな時は、「必ず成績につながる」やり方をやれているか考える必要があります。

大前提として

「教科書は必ずしも必要ない」

ということを先に述べます

ただし高校生であれば、それを基本として学習するので

まずは、教科書の役割について考えてみましょう。

「典型問題の解法が載った参考書」

と考えては教科書の価値は半減します。

教科書には

①説明部分

②例題部分

③練習問題部分

④まとめ問題部分

があります。

まずは①説明部分の使い方を次回考えたいと思います。

勉強に関する相談等受け付けています。

お気軽にコメントください。

教科書についてカテゴリの最新記事