化学基礎問精講の勉強法(理論編)~2週間で理論をマスター~

このやり方で大体の生徒が

2週間から4週間で全統模試9割を越えるくらいになります

(1週間で効果は実感できる)

偏差値55くらいの人にお勧めです

うさんくさいですか?

そうですよね

でも実際9割超えるんです

試す価値ありです

全体を通してのポイント

・終わったころには目次を見るだけで
問題と解法がブワっと浮かぶようになる

・リラックスすること

・完璧主義にならずにやることが大事
(参考:60点勉強法)

・1日2時間くらい、2週間でできる!

・全問を何周もする!

早速解説していきます

最初の1週間

1周目(40分くらいで終わります)

・雑誌や文庫本を読む気持ちで
必修基礎問1~21までを一読します。
(理論は43問あり、その半分の問題数
必修基礎問のみでも良い
実践基礎問は難しいようなら後回し)

・この時わからない問題や、
パパっと解けそうにない
問題番号にチェック
を入れておきます
目的:わからない問題を選別する
問題や解説を見たことある状態にする
ポイント:ここでは理解は求めません
一回で分ろうとか、覚えようとしたら挫折します
わからなくても止まらず進みます
一問ごとに精講・解説を見るようにします

 

2周目(1時間~1.5時間くらい)

今度は
・わかる問題は解法
(計算ではなくどう解くか)を
頭に浮かべます
わからなかったら解説や解答で確認

書いて解いてはいけません
時間が5倍はかかりますし、
四則計算練習は別でやりましょう

・1周目でチェックのついた問題も
解法を思い浮かべてみましょう
わからなければ解答解説を確認します
(ここで分からなくても全然良い)
・わからない解説や精講の部分に
マーカーなどでチェックを入れておきます

これで1日目は終了です
目的:わかる問題の反復、脳内解法復元
自然と理解できるようになったものの確認
ポイント:引き続き読んでいきます
自然とわかる問題や解説が増えているはずです
この段階でもわからないものがあっても
全然OKです

3周目(1時間くらい)

2日目です

・前日の2周目と同じことを繰り返します
わかった問題も解法を浮かべることは続けます

・わからなかったものは
解法を浮かべることにチャレンジ
わからないものもまだあるでしょう
その時は精講や解説のチェック
をつけたところを中心にもう一度読んでみます

全部はわからなくても今わかるものだけ増やしていく

そう考えてどんどん進むのがコツです
目的:わかる問題の瞬間解答復元
自然と理解できるようになったものの確認
ポイント:引き続き脳内復元チャレンジ
&解法理解チェレンジです
この段階で7割くらいはわかるようになります
最初から分かっていた問題は
一瞬で解法が浮かぶようになり
問題ごと暗記できてきます

 4周目(だんだん時間がかからなくなる)

3周目と同じことを繰り返します

・覚えないといけない暗記事項は
チェックだけして後回し
必修基礎問が解けるようになること
それだけに集中して繰り返します

・このあたりから解法をしゃべってみてください
口パクでもOKです
しゃべれなかったら理解が薄いかもしれません
ここまでで2日目です
目的:問題の全理解、半分ほどは瞬間的に解ける状態
ポイント:この段階でほぼすべてわかるようになります
いまいちピント来ないものは2~3か所になっているはずです
そこだけは質問したりして解決しましょう
ここで分からないものは
大事な基本が抜けているから
わかりやすい参考書を見るのもいいと思います
(宇宙一わかりやすい化学など)

5周目(1時間くらい)

3日目です

暗記すべきものはここでまとめて
チラシの裏にでもメモしましょう

テストできるようにメモしたら
あとは反復して覚えます
覚えたら捨てましょう
(反復暗記の仕方は今回は割愛
別記事で書きます)

そしてこの5周目から
「目次復元」に移ります

やり方は簡単で目次の題名をみて
・どんな問題だったか
・解法はどんなだったか
しゃべります
絶対にしゃべってください
口パクでも効果は同じです

とにかくしゃべってください

ここからアウトプットです
4周目まではインプット

アウトプットする(音声に出す)ことで問題が
血肉になって、自分のものになります
人に説明できてしまします

目次復元できないものは見直します

目的:目次復元できる問題を増やす
ポイント:はじめて目次復元をやると
自分の能力にビビります
スゲーってなると思います
とにかく成長の実感がわきます
どんどん目次復元できるようになりたいと
思うようになります
なんかたのしくなってきます

6周目以降(1時間もかからず1周できるようになります)

目次復元を続けます
7周目くらいで3日目は終わりましょう

4日目以降も2時間を目標に目次復元を続けます

そうやって7日目には全問(20問くらい)を
10分くらいで復元できるようになります

このころには10周以上やっていると思います
1日2時間もいらなくなってきます

ブワッと問題と解法が浮かぶようになったら
音読は終了です
脳内復元が言葉より速くなるからです

ブワッと浮かぶようになったら
後は楽です
頭に浮かべるだけで
一瞬で復習ができるようになります
ポイント:目次復元の重ね塗り

あとはこの7日セットを

次の1週間で

必修基礎問22番~43までやれば終了です

その時も1~21の目次復元は続けます

実戦基礎問を残した人は3週間目に

同じくまとめてやってください

必修基礎問だけでも

十分全統マークくらいなら満点狙えます

模試のわからない問題も1~2問になっています

試しに全統マーク第一回(理論しか出ない)の過去問

をやってみましょう

簡単に感じます

やってみてください

理系のセンスとかこの段階では関係ありません

だれでもやればできます

これができるようになると

模試前に目次だけ10分ほど

眺めて目次復元するだけで

化学の理論分野全部が復習できる

そんな状態になっています

そんな人を周りから見ると

「何してんのあの人?」とか言われます

それで満点とか取ってるから

天才肌とか言われます

ちなみに私の担当生の確認テストは

目次復元して口頭説明してもらうのが

確認テストです

20分で終わります

紙に書くテストにしてしまったら

60分で10問くらいがせいぜいでしょう

できるようになりますよ

2週間で

※勉強に関する相談等受け付けています

お気軽にコメントください

46 Replies to “化学基礎問精講の勉強法(理論編)~2週間で理論をマスター~”

  1. 授業の受け方のコツを教えてください!
    授業を聞く→問題集を解く
    流れがありますが、問題集に移行するまでにどうしたら効率良くなりますか?

    1. ・ご質問の「授業」が学校の授業
      と考えます。
      また、ブログの性質上
      ・たろうさんが医学部やそれに類する難関大受験をする高校生
      と考えて答えます。

      前提として、授業は必要なものではありません。
      問題集は授業なしでも取り組めます。
      これは学校批判をしているわけではなく、PMDで行っている私の授業であっても生徒に必要はありません。
      しかし、必要でなくても「役に立つ場合もある。」とはいえると思います。
      どういう場合かというと、教科書や問題集では得られない先生独自の教え方が自分に合っている場合です。
      自分一人で勉強するよりも、より早く、より深く、物事の理解が進む場合です。
      そういう授業は受けるメリットがあると思います。
      逆に、プリントを読み上げるだけとか、問題の解説を読み上げるだけのような授業はメリットはとても少ないです。
      スマホで録音して授業中は他のことをし、家に帰ってから倍速で聞いた方がマシです。

      このような理由から、
      授業を受けてから理解して問題集を解くという立場は受け身で効率が悪い、もしくは危険です。
      わかりにくい先生であったら詰んでしまいます。
      たろうさんが現役生であるならばそれは仕方がないことですが、浪人生であるなら早急に意識チェンジが望まれます。

      また、現役生であっても授業の前に自主的に問題集や参考書などで先取りして理解しておき、
      授業中は
      ・基本的なことは全部わかっている(授業は復習になる)
      ・一人で勉強したときに気付かなかった考え方を盗む(これだけメモしたりして復習する)
      と良いです。
      これがコツです。

      そうすれば、授業中板書をただノートに写すという無駄な作業をしたりする必要もありません。
      余裕をもって授業を受けることもできます。聞くことに集中できます。
      また、宿題も理解の深い状態でやるのでパッパと終わります。

      授業はあくまでもサポートツールです。
      基本的に自分で勉強します。
      具体的には
      該当する教科書の分野を5周くらい読む→問題集を解く(2~3周する)→授業を聞くの流れに持って行くことを勧めます。
      自分の勉強:学校の宿題=6:4くらいの感じが良いです。
      これが高3で7:3→8:2→9:1→10:0→入試という流れです。
      医学部や難関大に合格したいときは、周りと違って突出した状態になるとよいです。

      なるほどという質問でした。ありがとうござます。次回たろうさんの質問を参考にブログの記事を書きます。
      参考にしてください。

    1. 物理も同じように、抽象的に解法をストックしていきます。
      力学分野では力線を実際に図に記入したりして力をもれなく「書いて」把握するなどしゃべるだけでは足りない分野もありますが、基本的には同じです。

  2. 基礎問題精巧が終わったら標準問題精巧という流れで大丈夫ですか?また、レベルが上がってもやり方は同じですか?

    1. 基礎が終わったら標準問題精講や、1対1、など応用系の問題集が良いと思います。
      レベルが上がったら、しゃべるだけでは処理できない量の問題が多くなります。
      書くことが逆に大事です。
      応用系は、別の方法となります。
      そのやり方は記事にするか迷っていますが、書くかもしれません。
      このころには偏差値65〜70付近のレベルです。

  3. 質問ですが、これは2週目の段階で再度解説もその他周辺知識も読み込む必要がありますでしょうか?

    問題が解ければ、次に行っても大丈夫でしょうか?

    1週目に思いのほか時間がかかり、2週目時点で疲れてしまいましたが、頑張りたいです。

    1. 読み込むと疲れますよね。
      実際にはマンツーマン授業で、その読み方や考え方を指導するものなので感覚をつかむのが難しいと思います。
      ①1日に3周くらいしても疲れないくらいで、力を抜いて読む
      ②「問題が解ける」というより、どうやって解いて、なぜその解き方をすればよいのか前提知識を説明できるなら次に行ってもよい
      の2点がアドバイスできる点だと思います。
      伝わりにくいと思いますが、「疲れない」のがとても重要です。

    2. 追加ですが、1周目は「わからない問題がどれか」がわかればよいので、早ければ20分もかかりません。
      「疲れない」方法を提案している記事ですのでそういう意味で参考にしてください。

      1. ありがとうございます!

        自分も国立医学部狙いなので、参考にさせていただきます!

        あと一つ質問なのですが、生物でもこれは可能でしょうか?

        基礎問を化学の理論と同時進行で回していきたいのですが…。

        解答よろしくお願いします!!

  4. こんにちは。このやり方を数学の青チャートで実践し、目次再現の段階まで来たのですが、青チャートの目次は化学基礎問題精講とは違い、

    73 2次関数の最大・最小(1)
    74 2次関数の最大・最小(2)
    75 2次関数の最大・最小(3)
    76 2次関数の最大・最小(4)
    77 2次関数の最大・最小(5)

    のように内容が大雑把にしか書かれていませんが、2次関数の最大・最小は5つパターンがあって、あのやり方と、あのやり方と…というように5つ再現できれば良いということでしょうか。

    1. その通りです。
      問題文、解説、グラフまで「自然と」思い出せるとよいと思います。
      意図して全部暗記する必要はないですが、反復するうちにパッと浮かぶようになると思います。
      目次復元は、続けると異常に成績伸びますよ。
      どこかで1度は書いてみるテストを入れてください。

  5. 細かいことですが、質問させていただきます。

    >4日目以降も2時間を目標に目次再現を続けます

    というのは、一周1時間くらいで2周を目安に進める、ということでしょうか。それとも1周するのにだんだん時間がかからなくなってきても2時間を目安に何周も再現を続ける、それをしているうちに最初しゃべるのに1時間かかっていたものが10分でできるようになってくる、ということでしょうか。(文系で化学は選択しないため、化学基礎精講の20問くらいがどの程度時間がかかるのかわからず、すみません)

    併せて質問させていただきます。現在私は、ほかの方への質問の返信をもとに青チャートをやっています。1分野ごとで区切り、(インプットと並行してできるものから)①問題を見て解法を思い出してしゃべる→②目次再現→③書いて確認、という流れでやろうとしたら目次再現のところで詰まってしまい、自分でも試行錯誤しましたが、やり方がこの記事の通りにできていないのか、単純に反復回数が足りていないのかわからなくなってしまっています。
    目次再現に入ったときに思うようにしゃべれないというときは、①に戻って何度も繰り返して盤石なものにしてから先に進むのか、②を繰り返していくうちにしゃべれるようにしていくのか、イメージとしてはどちらが理想的でしょうか。また、現在の上記のやり方で注意したほうが良い点などありましたら教えていただきたいです。
    忙しい中申し訳ございません。回答お願いいたします。

    1. 化学、数学とも目次再現ができるころには問題は完全理解できています。
      また、反復回数も十分です。

      目次復元は最終的な到達点ですが、できればとても楽でよいが「必須ではない」ことです。
      必須なのは、
      問題を見たとき、「パッと一連の解法が浮かび、書こうと思えばスラスラ書ける」という状態です。
      目次復元が難しいなら、問題を見て解法をしゃべる→自身がついたら少し時間を空けてテスト形式で書いて解いてみる
      という流れを繰り返してみてください。
      結果として、目次を見ただけで再現できるようになると思います。

      頑張って下さい。

    1. うまくいかなくてもよいのでチャレンジして、どうアレンジしたらうまくいくか考えるといずれうまくいきます。
      頑張ってください。

  6. こんにちは
    理論化学を1から勉強する場合、いきなりここに書かれているようなやり方で勉強してもいいのでしょうか。
    それとも参考書などを読んだりしてある程度知識を付けてからの方が良いですか?

    1. 1からやるならまずは「宇宙一わかりやすい高校化学」などのような平易な言葉でかかれたわかりやすい参考書を1度から2度通読してからこの記事のやり方をやるとよいと思います。
      通読と言っても、すべて理解しないといけないということではありません。
      参考書は、問題演習などを行うとき、何度もあいまいなところを確認するために再確認することになります。
      そのため、おっしゃるように「ある程度」知識をつけるのが最初の通読の目的です。
      基礎理論は反復を重ね理解を深めていくものなので、そのつもりで最初「通読」すうることがコツです。
      例えば「原子」について参考書を読んで、その分野の問題を問題集で解く、というようなやり方は効率がとても悪いです。
      まずは理論分野を通読するとよいと思います。
      これは1からスタートする既卒生向けのアドバイスになります。

      1. 理論の1〜21が終わり、22〜43をやっているところです。

        追加で質問なのですが、この記事に書かれている「反復して徐々に理解していく」感覚がいまいち掴めないのですが、何かコツなどありましたら教えていただきたいです。

        上記のやり方だと10周しても2、3割しか理解できず、現在はかなりの時間をかけて1周で理解するやり方で進めています。
        全体的に文章を理解するスピードが遅く、同じところを何回か読み返さなければ理解できないといった感じなので、基礎知識が抜けているという以前に文章理解力の無さが原因なのかなと自分では思っています。
        (化学だけでなく、数学や物理でも問題を理解することに多くの時間を割かなければいけないので、圧倒的に時間が足りなくて困っています…)
        忙しい中申し訳ないですが、回答して頂けると幸いです。

        1. 原因が読解力かどうかは判断しかねます。
          10週して2〜3割の生徒は確かに私の担当生でもケースとしてはありましたが、原因は様々です。
          ただ、結果的にテキストのレベルがあってないのは確かです。
          「宇宙一わかりやすい高校化学」などのわかりやすい参考書で理解を深めてから戻ってくるのがお勧めです。

  7. はじめまして。
    質問なんですが、基礎問題精講を終えたらセミナーや重要問題集などの問題集をやった方がいいのでしょうか?もし必要だったらやり方などを知りたいです
    志望は東北大学です

    1. 人に拠りますが、受験生ならば東北大の化学の過去問10年〜20年分をやってみるとよいです。
      この時は基本勉強のようなしゃべるだけの勉強でなく、きちんとノートに本番を意識して書いてみる勉強です。
      自分のレベルと過去問との乖離を感じると思いますが、その乖離が少しなら過去問を繰り返し解いて身に付けます。
      乖離が大きすぎるときは、重要問題集などでレベルアップを図ります。この時も書いて解くことになります。

      1. 返信遅れてました。
        昨日理論分野が終わり、今日さっそく東北の化学の過去問を解いて見ました。
        理論、無機、有機とはっきりわかれていたので、理論分野を2年分解いてみました。
        結果は大体7割ぐらいで、計算のミスはなくパパっと解法が思いついているので、重問やセミナーは特にやらなくていいかなと思っているのですが、標準問題精講はやるべきでしょうか?
        また、無機と有機も同じように基礎問題精講をやれば東北大の化学は問題無いでしょうか?

        1. 7割とれるなら理論分野は過去問を主軸に演習→弱いところや過去問で深く聞かれる分野を見つけたら重問かセミナーか標準問題精講などで対策(どれでも良い)という流れでしょう。
          無機、有機も同様に基礎問精講で基礎をやる→過去問で小手調べとするとよいと思います。
          数学が肝だと思いますので、数学対策を厚く考えるとよいと思います。
          化学は順調だと思います。
          頑張ってください。

          1. 物理についても聞きたいのですが、今物理の勉強は良問の風をやっているのですが、そのまま東北の過去問へ行けますか?
            それとも名門の森へいった方がいいのでしょうか?

  8. 高校3年のものです。旧帝大志望でまだ物理を一切やっていません。9月から基礎を初めて間に合わせたいと思ってるのですが現実的に間に合うと思いますか?厳しいアドバイスお願いします!

    1. コモドさんの状況や力など全くわからないので、判断できません。
      一般的な解答でよければ、難しいと思います。

  9. 高3で普段化学が模試で偏差値50程度、前回の河合塾全統記述模試第2回の点数が50点なのですが、今からやり始めるのは遅いですか?偏差値60近くにあげたいです。理論の授業はすでに塾で終わってしまいました。

  10. 高3で普段化学が模試で偏差値50程度、前回の河合塾全統記述模試第2回の点数が50点なのですが、今からやり始めるのは遅いですか?偏差値60近くにあげたいです。理論の授業はすでに塾で終わってしまいました。

    1. 個人の能力や集中力に拠りますが、一般的に今からでも遅くないです。
      割く時間はやや多くなると思いますが、理論や無機・有機に関して基礎から見直しても十分間に合います。

  11. こんにちは。
    基礎問題精講が終わったらエクセル化学をやった方がいいのでしょうか?もし必要でしたらやり方を知りたいです。志望は国立医学部で今高校2年生です。

    1. エクセル化学でも重問でも良いと思います。
      理解が十分であれば志望校の赤本を解いてみることをお勧めします。
      理解が不安であれば、エクセル化学や重問を挟むとよいです。
      応用問や、入試問題は実際に書きながら解く必要があります。

        1. 成績アップには
          理解→暗記→慣れというサイクルが必要です。
          理解(宇宙一)→暗記・慣れ(量が比較的少ない超典型基本問題)
          これを短期間で実践することで、応用問を解いて力がつく土台をつくるところに私が勧める勉強法の肝があります。
          短期間とは具体的にいうと(2週間〜1カ月)です。
          エクセルはこの点で、
          ・分量が多く長期間になる
          ・応用問も入っていて、土台作りという目的に向いていない
          ・10周とかできるようなテキストではない
          ・応用問は書いて解くべきだからスラスラ進めない
          などデメリットが多いと思います。
          丁寧に、順序良く積み重ねることが最短ルートです。
          理解力や論理的な推論力がずば抜けていれば、この限りではありません。

          1. 丁寧に仕組みまで教えてくださりありがとうございます。
            本ページを実践してみます

  12. お疲れ様です。
    いつもありがとうございます。
    数ヶ月前に、この化学の方法を見つけ理論を1ヶ月で仕上げることが出来ました。

    私は、センター試験で100点を狙いたいので、もっとセンター試験で問われる細かなところを丁寧にやりたいと思っています。目次での復元をコンスタントに続けながら、センター試験の過去問に移る前に何か良い参考書等が有ればご教授ください。

    私が考えているものは、駿台の短期攻略の化学ぐらいの、分野事の演習に強い参考書かなと思っています。

    基礎問題精講はとても良書でいいなと思う反面、センターで聞かれる計算が少し足りないと感じています。
    計算に関しては、別で演習を進めながら行きたいとも思っています。

    使用参考書は、駿台の原点からの化学です。センター過去問での出題分野を確認して、優先順位をつけて解いていくつもりです。(チナミに、計算は結構分野にもよりますが苦手です…)

    もし、この原点からの化学について何か、時期やタイミングがあれば合わせてお願いします。

    また、短期攻略と原点からの化学を併用して、進めていく状況につきましても、良いアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

    当方、2次試験では化学は使用しないため、センター化学のみが化学の勉強です。

    1. 原点からの化学、良いですね。
      良書だと思います。
      基礎問精講の目次復元は忘れたころに復習を繰り返し、原点からの化学は休憩がてら興味を持って読み続けるのがお勧めです。
      計算用の問題集ですが、短期攻略でも良いですし、重要問題集、セミナーなどどれも良いですが、一番のおすすめは実教出版のエクセル化学総合版です。
      問題の網羅性、解説のボリューム等でこれさえやれば、という問題集だと思います。
      なかなか骨のある計算問題もあります。
      このような問題集は「実際に書いて解く」「スピードをもって本番を意識して解く」ということが大事です。
      やはりこれも、理解が少ないものは繰り返し解くというのが何よりのアドバイスとなります。
      色々な問題集よりも、「これ一冊」と決めてやるとよいです。終わったらセンター過去問を10年分暗記するくらい繰り返せば満点いけます。
      ボリュームが多いので、センターに間に合うよう「発展は飛ばす」などの工夫は必要です。
      理論1か月で終えたのはなかなか順調ですね。頑張ってください。

      1. 返信ありがとうございます。

        オススメのエクセル化学に取りかかり始めました。
        ちなみに、センターまでの時間が僅かですが、この教材は標準問題までは必ずしたほうがいいのでしょうか?

        基礎問題のみに、着手して100%にする方法では、流石にまだ足りないでしょうか?

        また、出来ればでよろしいので、軽いスケジュールみたいなものの例を教えて頂けたら幸いです。

        例: 進める順番や、いつまでにどこを終わらせるべきかなど。

        ちなみに、毎日1時間半〜2時間は化学に使えます。

        また、先日第3回マーク模試を受験したのですが、計算がまだまだ未熟なこともあり点数としては振るいませんでしたが、知識に関しては、解答を見なくても選択肢の説明が出来るまでになっていて驚いています。本当に感謝です。

        あと、次のセンタープレまでの1ヶ月、12月いっぱいの1ヶ月、最後のセンターまでの2週間として、スケジュールを組んでいますので、そこも考慮して答えて頂ければ嬉しいです。

        この調子で頑張ります!
        よろしくお願いします。

        1. 成長の実感がある様ですね。記事を書いた側としてもうれしいです。
          スケジュールは個人差が大きく自分で解きながら逆算で作るのがベストです。
          また、1日にかける時間もそのスピードによって多く必要だったり、少なくてもよかったりするでしょう。
          まず、センターで満点を目標にするなら基本問題と標準問題を理論分野すべてやるのがお勧めです。
          やはり、紙に書いて解き、スピードを意識。ややあいまいな問題は自分のものになるまで解きなおす。
          もう大丈夫、というくらいになったら、問題文をマッキーなどで塗りつぶしてやるべき問題が減ってい行くのをモチベーションに変えましょう。
          基本、標準問題全部やるには間に合わないと気付いたときは、基本のみの習得としてスッパリ妥協します。
          解く時はある程度まとまった問題数をやる(例:1章の基本問題を1週間で4週する、次は2章、次は3章、次は4章これで1か月で理論が終わり)
          このようにハイスピードで進めるためにも、1章の基本問題をどんどん解く、わからなかったらチェックをしてすぐ答えと解説を見て解きなおす、解説がわからないなら飛ばす、一つ一つをスピードをもって解く、2週目はチェックの入った問題を解く、同じようにちゃっちゃか進むように)
          こんな感じでしょうか。
          乱文になりましたが、要点は以上です。
          ガムシャラ、ちゃっちゃか、かつ結果や成果は確実に出していく、間違ったりしても感情は捨て、ドライに反復する。

          頑張ってください。

        2. 言い忘れましたが、有機、無機は別で英単語暗記と同じように習慣的に続けてくださいね。
          エクセルの基本問題をチェックテストにすればよいと思います。

  13. こんにちは

    1日目のわからない問題に印をつけるというのは、解いてみてわからない、ということですか?
    それとも解かずに、解説を読んでみてわからないということですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です