勉強の準備

目標を立てるのがヘタだと不幸になる②

先回お話しした目標を立てるのがヘタだと不幸になる①で、いい目標と危険な目標があることに触れました。

目標は

はっきりと目視できる目印のようなものでなければならない。

 

そこで、どのような目標がいい目標になるのか簡単な判断の仕方について書いてみます。

 

 

まず立てた目標が悪い目標であるときは、その目標が達成できるかわからないという場合です。

例えば「次の模試で80点とろう」などですね。

続きを読む

目標を立てるのがヘタだと不幸になる①

「明日は6時に起きよう」

「人に会ったら挨拶しよう」

「家を出るときは右足から出よう」

 

「次の模試で80点とろう」

 

どれも目標として成り立ちますよね。しかし、ある視点からみると最後の目標だけ異質なものです。

そしてこのようなタイプの目標は、受験勉強のそれとしてはいい目標ではありません。

 

続きを読む