覚える脳の仕組み

コツは

「覚えようと頑張らない」

「勝手に脳が覚えるまで繰り返す」

 

この二つです

 

単語等新しい知識をおぼえる仕組みをすごく簡単に示すと

 

①脳が新しい情報を受け取る

②海馬が大脳へ電気刺激を送る(海馬が記憶の中心)

③その刺激が大脳にもともとある情報をリンクさせる(短期的記憶となる)

(日本語として知っている「りんご」とアルファベットの「a・p・p・l・e」を結びつけるなど)

④思い出す作業の反復によって新しいタンパク質が生み出される(海馬による刺激の継続)

⑤大脳に強いタンパク質を介したリンクが固定される(大脳が記憶の中心となる長期記憶、忘れない)

⑥忘れない情報になる(慣れる、海馬はあまり関与しない)

 

こうやって①→⑥と進むことで

「え~っと なんだったっけ・・・りんごだ!」状態から

apple→りんご!と瞬間的にわかる状態へと変化します

 

大事なことは

短期的な記憶は不安定(海馬が働く記憶)

長期的な記憶は安定(海馬があまり働かない記憶)

 

そして

 

長期的な記憶にするための期間は3~4週間ほどの期間が必要ということ

 

毎日でも数日おきでも良いので1か月は繰り返し思い出す(想起)ことが必要なのです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です