3週間でマスター~ネクステの勉強法~

受験生の代表的な文法問題集Next Stage

授業で担当生に指導している勉強法です

偏差値50ちょっと~60くらいの人にお勧め

スクランブルや即ゼミでもやり方は同じです

カリキュラムでは3週間で全問習得します

ターゲットの使い方も別記事で紹介します

化学基礎問の勉強法にも共通するところがあります

ネクステの使い方

~1週間で約500問×10周=5000問解く!~

5000問!

大丈夫です やれる方法があるんです

とりあえず読んでみてください

10周の各周でやることは異なります

記事の後半で全周回で何をやるか説明していますが

最大のポイントは500問を一気にやるところです

一気に500問やるから、問題の理解が深まります

20問ずつとかでは効果は10分の1もないかもしれません

その仕組みはこうです

Partのかたまり(数百問ある)全部を一気に通るので

例えば

stick to 、 cling to が同じ意味

とか

「~に帰する」の表現が色々ある

とか

前置詞of  が「~のことを」と訳すのは

頭の中の情報に関しての時だな~

とか

Whenが副詞節のときは、主節は進行形か完了形が多いな

など自然と気づきます

大量の問題が一気に流れこんでくるので

脳が勝手に、いろいろな問題を関連させ始めたり

他の問題をやっている時に、別の問題を

脳が勝手に思い出したりしてくれます

やってみたら効果はわかります(1周目で分かる)

イディオムや文法がいろんなところでつながって

勝手に文法力が上がる仕組みです

センスとか才能は指導経験上関係ありません

全体を通して、スピードを意識しましょう

パッパパッパやっていきます

では早速各周ごとにどうやるか説明します

1周目(初日その1):趣味の雑誌
を見ている感じで1~500番くらいまで

(切りのいいところまで)読む

正確にいうとPart1文法の514番すべてです

問題→解答→和訳→解説の順に
1問ごとに読んでいきます

わからなくてもしつこく繰り返さないで、
どんどん読み進める

時間:1.5時間~3時間(個人差あり)

ポイント:決して覚えようとはしない

趣味の雑誌はただ「ふ~ん」とか「へぇ~」とかいう感じで見ますよね

脳が勝手に関連事項を思い出したり

文法毎の共通概念を発見してくれたりしますから

わからないところがあっても飛ばします

「まいっか、どうせわかるでしょ」

そんな感じで楽しく読みます

まいっかマインドは勉強が捗ります

2周目(初日その2):1周目と同じことをします。

時間:1時間~2.5時間

ポイント:2回目でもよくわからないところは

蛍光ペンなどで解説にチェックすればOK

このチェックはあとでまた見るとき

考えるポイントが一目でわかるのが目的です

理解が目的ではありません

しつこいようですが、覚えよう、理解しようなどと考えて

脳力を振り絞ったり張り切っては挫折します、疲れます、飽きます

趣味の雑誌感覚で楽しみながら「そうなんだ~」的な感じで読みます

何となくわかったぞ という小さいけど確かな成功に目を向け

プラス思考で読み進めます

初日はここまで

3周目(2日目その1):全部の問題に答えてみる

時間:1.5時間~3時間

ポイント:決して書いて解かないでください

時間の無駄です

何倍の時間がかかるか想像したくもありません

ノートに書いてもどうせ見直さないし成績は伸びません

ノートまとめも必要ありません

ネクステのまとめの方が秀逸です

問題を見て、正答を選んでみる→解答を確認

間違えたら、和訳→解説と確認する

※この時点でもよくわからなくても構いません

6割くらい正解できるかな?くらいがちょうどです

「どうせわかる」んです

しつこいですか?大事なんです

いつも自分の思考が「完璧主義」になっていないか

チェックする習慣が大事です

また、この時点で大部分理解できてきます

4周目(2日目その2):3周目と同じ

時間:1時間~2時間

ポイント:以前はわからなかったものが

わかるようになったものは

解説の大事なポイントに色ペンで線を引いたり

色ペンでメモをします

例えば「Whenは(副)で未来→現在、(名)で未来→未来」

(※(副)は副詞節、(名)は名詞節のこと)

など書き込みます

だらだら板書を写したような

長いメモは良くありません

これで今後見直すときに自分にとって大事な部分が

一目でわかるようになります

これが目的です

2日目終了

5周目(3日目はこれだけ):4つから正解を選ぶ問題など、

他の選択肢がなぜダメなのか
しゃべって解説してみます

これをやらないから文法が
もうひと伸びしない人が多いです

スピードを意識して
早口でしゃべるようにしましょう

語整序などは
正解の文を答えを見ずに音読

この時もその順序になる根拠をしゃべります

時間:2時間~3.5時間くらい

ポイント:とにかく声に出して解説するのが最大のポイント

この時に文法理解が飛躍的にアップします

口(くち)パクでも効果は変わりません

人間は口の運動を「しゃべった」と

認識できるようになっています

(試しに口パクで歌ってください、頭では歌えてますよね)

自習室でもガンガン 口(くち)パクしましょう

周りから奇異の目で見られるかもしれませんが

それは諦めてください

また、解説ができないものは質問したりして解決してください

でも、できるだけ自分なりの解説をする

その方が力は圧倒的につきます

ここが最大の山場です

6周目(4日目もこれだけ):5周めと同じことをします

時間:1.5時間~3時間

※実はここまでで文法理解はかなりなレベルになります

次の日実感できます

7周目:(5日目その1)問題文を音読する

この時、解答の選択肢を見ずに瞬間で答えを埋めながら

すらすら読むようチャレンジする

意外と言えるようになってます

読めたら正答の根拠をいう

例「文末がon weekendsだから、時制は習慣を表す現在

だからdo」

とか

「未来に関する仮定の文だからwere to」

とかです

読めないときは選択肢を見て

もう一度答えを入れて、問題文を音読

根拠もしゃべる

時間:1.5時間~2.5時間

ポイント:7周目くらいには自然と答えが暗記できています

解答根拠も自然となぜ答えがそうなるのか浮かぶようになっています

この時、自分の文法理解がめちゃくちゃ深くなっていることに驚きます

問題文を見た瞬間、何が聞かれて何が答えかわかるようになってきます

8周目(5日目その2):7周目と同じことを繰り返す

時間:1.5~2時間

ポイント:だんだんスラスラ読める文が多くなります

8周目くらいから、問題文のどこがポイントとなるか

瞬間的にわかる問題だらけになります

9周目(6日目その1):8周目と同じことをやります

時間:1時間~1.5時間

ポイント:これくらいになるとほぼ全部スラスラいえるようになります

問題を見た瞬間に、何を聞かれるか、なぜその答えになるか

選択肢を見なくても余裕でわかるようになります

10周目(6日目その2):9周目と同じことをやる

時間:~1時間くらい

ポイント:このころには問題文や答えを

脳が暗記できてしまっているものも増えます

問題ごとの類似点も把握でき、知識がグループ化されます

似た表現や文法知識が自然と頭の中で整理され

新しい理解の段階に自然に進みます

こうなったら音読はもういりません(してもよい)

眼だけで瞬間復習できるようになります

時間も人によって30分もかからないでしょう

問題を見た瞬間、問題のポイント、解答根拠

おぼえるべきイディオムや文法が

自然と頭に入っています

これが最大の狙いです

さらに副産物として

文全体を瞬間で把握する力も付き始めます!

以上のようにおぼえようと頑張るのではなく

脳が自然に覚えるよう仕向けます

ここまでの10周を1週間の計画に組み込みます

1週間で500問くらい×3週間で終了です

こうやって

週に12時間~24時間の時間を英語に割けば3週間で1500問すべて終わります

現役生でも1日3時間くらいを3週間なので頑張ればできます

基本的に医学部合格者の平均的な勉強時間(自習時間)は週90時間くらいですから妥当なところです(既卒生の場合)

(英語25時間 数学30時間 化学15時間 物理20時間 などでしょう)

3週間は英語はネクステだけなど、一点集中が絶対おすすめです

マスターしたらネクステ1500問すべてを復習するのに30分くらい

という状態に持って行けます

模試の前日に30分見直して

全て頭に入った状態なら、点数も高いのは当たり前ですね

まとめます、以下をメモってやってみてください

初日:雑誌読み2回

2日目:問題演習2回、ライン引き

3日目:誤答の根拠解説口パク1回

4日目:同じく口パク2回目

5日目:問題文正解補完音読(口パク)、根拠口パク2回

6日目:同じく2回(だんだん口パクはいらなくなる)

やってみたら効果はわかります

勝手に文法力が上がる仕組みです

注意点として、化学等に比べ忘却はやや早めに訪れます

3週間のクールが終わって1か月以内に

ネクステすべての総復習!みたいな日を1日決めて

全問パッと見直すといいです

その後は模試前日にやればOKです

書いてはダメですよ

※勉強に関する相談等受け付けています

お気軽にコメントください

4 Replies to “3週間でマスター~ネクステの勉強法~”

  1. 高1の者です。
    英語の問題集で何を使うか迷っています。この記事では、偏差値50〜60の人におすすめとありますが、これは進研模試ではなくて、河合や駿台の模試ですよね。
    高1の進研模試で英語偏差値60超え程度でもネクステを使いこなせるでしょうか。また、使えないとするなら、どんな教材がおすすめですか。(ちなみに僕は
    best400あたりを考えています。)
    それと、おすすめ参考書ルートはなんですか。
    たくさん質問してしまいましたが、お時間のある時にでも解答してくださいませ。
    乱雑な長文失礼しました。

    1. 偏差値は全統模試を参考にしています。
      進研模試は偏差値がかなり高めに出ますよね。しかし、偏差値はあまり気にする必要はありません。
      ネクステは十分使いこなせると思います。

      さて、一般的な認識として「ちゃんとわからないといけない、理解しないといけない」という教えが蔓延しています。
      1回や2回読んだだけで「ちゃんと」理解しようと考えている生徒が非常に多いのが現状です。

      学校の授業でも、たった一度の授業でそんなに理解できるものでしょうか。
      答えはNoです。

      結局、点数に結びつくのは「(回数的に)どれだけやりこんだか」ということに尽きます。

      野球の素振りもひと振りするたびに精密にフォームをチェックしながらやると数十回で力尽きます。
      「回数」が「成果」に結びつくという考えから素振りは、シンプルかつ膨大な回数の反復をするものです。

      英語の単語やネクステなどの演習も同じだと思います。
      1度読んだらむしろ、「確実にわからない」くらいの認識でよいと思います。

      10回20回と読むうちに自然に少しづつわかってくるものです。
      もちろんちょっとずつわかろうというある程度の(楽しいという感じを維持できるくらいの)努力は必要です。
      そして問題の中で、何度読んでも理解がちっとも進まないものもあるでしょう。

      そのような場合は、前提となる基本知識が抜けている場合ですので
      フォレストや1億人の英文法等を辞書的に使うとよいでしょう。学校で使っている文法書でも良いです。
      3~4回問題集を読んでも理解が深まらなければそうしてください。

      そのような考えのもと、学習を振り返り
      「10回くらい楽に反復できる」ような方法にしていくことが大事です。
      ・わからなくて当たり前
      ・それぞれの問題がちょっとわかるようになったりするのが楽しい
      ・どうせできるようになる
      ・ここまでやっている人はいない

      このように自分をプラス評価しながらやっていくのがコツです。

      参考書ルートですが、
      ①ターゲット1900やシスタン(もちろんDUOでも)の暗記(どれか1冊)
      ②ネクステやスクランブル、即ゼミなど(どれか1冊)
      ③英文解釈等に進む
      の順がおすすめです。(具体的には③以降はたくさんありすぎて省略します)

      さらに言えば、単語をやる前には「世界一わかりやすい英単語の授業
      ネクステ等をやる前に「世界一わかりやすい英文法の授業
      のような、内容がざっとしたものでその後の理解を助けてくれるような本を読むことをお勧めします。

      大きなざっとした知識⇒中くらいの細かい知識⇒入試などででる具体的で細かい知識
      と進むとよいと思います。

      志望校にもよると思いますが、best400は知識量が少なく二度手間になる可能性が高いです。

  2. 1周3時間で全く終わりません
    問題答え和訳解説読んでたら普通に6時間以上かかるんですけどどうすればいいんですか?

    1. 500問ずつですよね。6時間も続けて演習できる集中力がすごいですね。
      ただ時間はかかりすぎだと思います。
      想像ですが、理解しようとしすぎかと思います。たくさん回数をこなせることが優先ですので1周で1〜2割しか理解できなくても、それに1時間しかかからないなら6時間で6周できてしまいます。
      そっちの方が学習効果は間違いなく高いです。
      基本的に人間は誰でも1回ではほぼ理解できません。
      理解しようとするよりも、何回も読んでたら自然に分かると信じると上手く行くと思います。
      楽しむのがコツです。
      分かるのは楽しんだ時に自然についてくる結果に過ぎませんのでそのような意識でやってみて下さい。
      スピードは意識して速くするのも大事です。
      ちなみに先週担当生に、去年4月からネクステ何周したか聞いてみた時の答えは
      何周したかわからない
      50周とかそんなレベルじゃなくやったと言っていました。
      他の予備校で何年も浪人した生徒でしたが、回数こなすやり方に変えてから数ヶ月で、正確には7ヶ月で英語の偏差値は70を初めて超えました。
      他にもたくさん例は挙げれますが、ymgさんも大丈夫です。また上手く行かなければ質問してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です