ライバルをごぼう抜きにする方法(時速で勉強を考える)

受験計画を考えるとき

大事になってくる考え方

スピード

大事ということはわかってても

具体的には・・・という人は必見です

超具体的に説明します

誰でもできます

今日からできます

「時速で勉強を考える」

まず、合格までの道のりをグラフで考えます

横軸は時間

縦軸は点数や偏差値です

横軸が学習量

縦軸が学習の質

ととらえてもそれほど違いはありません

時間と合格に必要な点数は(志望校が同じなら)

みんな同じですから大した差がありません

もちろん勉強時間の差は結構つきますが

もっともっとライバルと差がつくのはグラフの傾きです

勉強時間を1日16時間とか

もちろんそれはすごいことだしライバルに

差をつけられるでしょう

1日4時間しか勉強しない人には4倍の

8時間勉強する人には2倍の結果が期待できます

でもスピードの違いが圧倒的なら

時間以上にとんでもなく差がつきます

2倍とか4倍とかそういう単位ではありません

徒歩と車のレースくらいの差がつくイメージです

話を戻します

ライバルとは大体今時点で同じくらいの

順位にいる人ですからスタート地点は

たいして変わりません

グラフで考えるとき

傾きが小さければ遅く

傾きが大きければ早く

成績は変化します

合格ラインに達する時間が

かわるということです

つまり、1時間当たりどのくらい成長するか

というスピードがものを言います

それがわかっているのに

たいていの人は受験プランを考える際

・どのテキストを(縦軸にあたる)

・何ヶ月で終わらす(横軸にあたる)

のような計画を立てると思います

時速で考えず、時間とレベルで計画しちゃうんです

典型的なダメな例は

偏差値70超えたいから「青チャート」を

8月までに終わらせる

とか

偏差値60を5月までに超えたいから

4月中に基礎問精講を通る

とかいう計画です

私ももちろんこういう失敗の経験者です

というかこんなことばっかりやってきたので

痛いほどそのやり方の浅はかさがわかります

当時の私にアドバイスできるなら

「まずすべてやめろ、一から考え直せ」

「そんなことやるなら散歩でもして冷静に考えろ」

です

こういう計画立てるときって

とりあえず1問とか解いてみて

大問1つ書いて解くのに約10分かかる

テキスト全部で150問あるとして

(実際はⅠで170問 Aで130問くらいなので片方150問と平均にした)

10×150=1500分

1500÷60=25時間

一日2時間で2週間で1回解ける

(何回解くつもりなの?5周したら2か月かかりますよ

1周終わるころには最初の方は忘れているのでは?

ⅠAⅡBⅢとあるので1年たっても終わらないのでは?)

のように計画していくと大体の目安ができます

こうやって年間計画まで落とし込む人がいます

私も実際このように計画を立ててやっていました

しかし

この計画の立て方は絶対にうまくいきません

当たり前のことですが

問題によって10分以上かかっても

わからなかったり

やり直ししたりして

20分越えたり

5分で終わるものもあったり色々です

だから計画がおしてきて

やる気がなくなったり焦ったりします

自己否定したり、やっぱり自分は

なんて考えます

テキストが難しすぎるんだ

とか言い訳して

テキストを変えてみたり

問題が多すぎるとか考えて

抜粋して3分の1の量にしたりして

計画に合わせる・・・

いうまでもないことですが

一つのテキストの基本例題は

どのテキストでも大事なものを厳選しています

厳選されたものをさらに選別したら

確実に穴が開きます

その後のさらなる応用問で

確実に響いてきます

1冊全部やる(基本例題だけでも)

ということが単純にして大事な事なんです

テキスト変えたり

問題選別で計画は守っていても

それに伴う質(得点、偏差値、成績)はついてきません

一体何のための計画だったのか

自分の失敗を振り返ると

結局最初にちゃんと考えていないんですよ

そういう時って

みんながやっていることを

何となくなぞってみるだけ

何となく頑張ってれば受かるだろうとか

みんながやっていることをみんなより

長時間やればいいだろう

責任感ないんですよ

結果に対して

絶対合格しようという自分の発言に

絶対うまくいかせようっていう

結果に対する責任感、必死さ

ないんですよね

こういう時

「頑張れば感動」なんていうフレーズが

心の支えだったりします

「努力は実る」

実らない努力もあるんです

残念ながら

本当にこういうときってうまくいきませんよね

自分がこんなことばっかりしてたよなといつも記事を書きながら思います

話を戻しましょう

ライバルに差をつけるのに大事な

傾きが大きくなったり小さくなったり

バラバラだということは

時間内に合格ラインに達するかどうか

あやふやだということ

これではうまくいきません

他の人より確実に合格に早く近づく

そのために必要な考え方は

時速で計画を立てる

時速を重視する

ほとんどの受験生が気付いていない

ほとんどの先生は教えてくれない

半端なく大事な考え方なので

是非身に付けてください

わかりやすく青チャート数学を例に説明します

一つのテキストには大体

同じ難易度の問題が網羅されています

青チャートも

基本例題 はほぼ全て同じ難易度

練習問題 や exercisesは少し難しめ

なので難易度の差があまりない

基本例題だけを計画します

(グラフ傾きにぶれがなくなる)

ここで

基本例題だけやっていても

(書いてはいけない、いきなり答えを見てわかるか確認する→これがなぜ大事なのかはこの記事の宿題のやり方を見てください)

難しく感じたり、理解ができないものもあるでしょう

それはテキストのその問題が難しいのではなく

自分のレベルがその分野で低いということです

難易度が一定なので、自分が何をすればいいのか明確です

基本なので、難しいのではなく知らないだけ

覚えればいいだけということです

基本例題でパパっとわかるものもあれば

つまづいてわからない問題があるときは

パパっとわかる問題に合わせて

計画します

例えば

基本例題のうちパパっとわかるものは

1分以内に問題を見て、解答を見れば

解き方が理解できるとします

途中計算とか細かいものは別に必要ありません

どういう解き方(ストーリー)なのかわかればOK

(別に2分でも3分でも構いません、自分のすでにわかる問題を処理する時間に合わせます)

この1分を基準にして

全ての問題を1分で理解するよう制限をつけます

問題が150題あれば150分ですね

2時間半で1周です

時速60題ということです

わからない問題はどうするか

1分以上かかるなら

どんどん飛ばします(一応読むことは読むけど、わからなくてよい)

解説のわからない部分にマーカーでも引いて

反復する中で何度も見ていればわかるようになります

基本例題のわからない問題は覚えていない問題です

数学的センスの問題ではありません

記憶喪失状態か

そもそも知らないかのどちらかなので

忘れているなら答えをみる

知らないなら覚えるという対処が正しい

ストップウォッチを横に置き

1分毎に鳴らします

ちゃっちゃかちゃっちゃか進みます

こうすれば2時間半で必ず1周します

絶対にできます

むしろ読み飛ばす問題もあるので2時間半より

短い時間で1周します

ありきたりな方法では25時間で1周でしたね

これが時速で立てる計画です

「考えても何分まで」ではないんです

「わかるなら1分だから、1分以上ならわからない・知らないと決めてしまいパッパとすすもう」

これが時速を上げるんです

これは計画がずれません

だってわかるわからないではなく

時間がルールなのです

2時間半で必ずチャート1冊が終わる

これって自信になりません?

周りの人が、まだ2時間半では10分の1くらいしか終わってない

う~んとか悩んでいるのを横目に

10倍のスピードで1周しちゃってます

相当差がついてますよこの時点で

もちろんわからない問題が残ります

例えば150題中 50題わからないとします

そしたら2周目です

今度はわかる問題は確認程度に読み流し

わからない問題に2分くらいあてて2周目です

1周した時にある程度レベルアップしているので

1周目で分からなかったものも何個かわかるようになっています

全体を一度見ているので、どの公式が多用されているか

問題がいくつかのグループに分けられそうだ

最大・最小の問題はたいていグラフで解かれている

とか全体的なビジョンが養われはじめています

2周目は2時間くらいでしょう

(わからない問題1問2分×50題=100分+わかる問題の確認流し読み)

やっぱり時間をルールにして

わからないなら飛ばします

※いきなりノートに丁寧に書いて考えてはいけません

書いても数学の力はつきませんし時速が遅くなります

偏差値が上がらないうちは、理解して解ける状態になってから書いて解くのが大事です

わかる→書いて解いてみるが大事(この時は力がつきます)

書いてみた→わからないは時間のロスが尋常じゃないです

計算力に関しても

計算練習は別でまとめて計算問題集とかでやった方がスピードはつきますし

もちろんメモ程度にグラフを書いた方がいい問題もあるので

その辺は適宜「チラシの裏に書く程度」のイメージで書いて考えます

しかし繰り返しますが、ライバルに差をつけるとしたら

時速しかないんです

問題を見て解法が瞬時に出るようになってから

書いてみてください

読んでわかるものは2周~3周すれば

必ず書いて解けるようになっています

3周目以降について

さらにわかるようになったものを確認

わからないものを再度考える

これは2時間もかかりません

わかる問題はどんどん増えるからです

こんな感じで5周しましょう(もちろん10周しても構いません)

一日1周として5日間です

ちなみにわかるようになった問題は3周目くらいから

問題だけを見ながら、テストとして解法をつぶやくといいです

「与式に座標をぶちこんで連立でぼーん」みたいに私はしゃべっています(3秒で復習できます)

他にも

「式を平完(平方完成のこと)してグラフ、区間をこれとこれとこれに場合分け、両サイド代入でぼーん、この場合だけだけ軸代入でぼーん」(6秒で復習)

「ぼーん」とは計算して答えを出す

ということを意味してます

単純計算なんかやらずに

省略して爆発させてやったぜ!

のイメージです(ほかでちゃんと計算ドリル的な練習はやりますよ)

こうやって

テキストの8割~9割できるようになったとします

おそらく合計10時間くらいでしょうか

10時間で5周!この差はやばいです

問題を5回解いてますから

断然記憶にも残ります

1日1周として

5日間でこの成果です

いわゆる一般的な計画なら

25時間かかってたった1周、全部で2週間かかる

そして解けるようになっているかわからない

時速で考える計画なら

10時間で全問5周、5日で終わる

ほとんどの問題が解けるようになっている

ⅠAⅡBⅢ全部やっても1か月以内におわっちゃう!

日数でダメな方法の半分以下(2倍のスピード)

周回5周で5倍のスピード

解けるようになっている問題数で何倍ものスピード

計2倍×5倍×何倍も=何十倍も学習効果があるんです

あるレースをしていて

時速5キロで歩いている自分の横を

時速50キロで走る車を見たらどうですか?

めちゃくちゃ脅威ですよね

スタートラインは同じなんですよ

スタートから徒歩の人はやる気なくしますよ

というかズルい

それくらいの時速の差でライバルをごぼう抜きにできます

是非年間計画を立てる前に参考にしてください

本当にそうなるのか疑わしいですか?

実際に長崎校の生徒は英語のネクステ500問を1週間に10周してきます

数学の基礎問精講で1単元(大問20個くらい)なら1時間で5周くらいします

だれでもできます

とにかく1度やってみることが大事

Off the beaten track !

※勉強に関する相談等受け付けています

お気軽にコメントください

30 Replies to “ライバルをごぼう抜きにする方法(時速で勉強を考える)”

  1. 九州大学志望の受験生です
    基礎問題精講を5〜10周して、標準問題精講に切り替えようとしているのですが、基礎問題精講は例題だけでも大丈夫なんでしょうか。

    1. こんにちは。
      基礎問精講の目的は、問題の解法をマスターすることです。
      練習問題は、「根本が同じ解法」なので目的が解法マスターならあまり効果はありません。
      例題をマスターしたら標準問題精講にすすんでいいです。

  2. わかる、わからない以前に最初の時間だと読み切れないものは周回する中で時間が増えていくからこの時間では理解できないんだなってことで飛ばせばいいんですかね?
    読み切れる時間になるまでは読める部分まで読めばいいんでしょうか。

    1. 記事内容に関して少し誤解があるようですね。記事がわかりにくかったかもしれません。
      例えばチャートをはじめるとき、すでにわかるし、解ける問題が中にはありますよね。その問題を読み進める時は早いと思います。そして理解もできるでしょう。
      そのスピードを落とさず読んだときに、理解できないも問題もあると思いますが
      「理解のためにスピードを落とさない」ということです。

      「飛ばす」というのも、もちろん「わからないけど読むことは読む」んです。読み飛ばすということです。
      ペースが落ちないかを測るために数分毎に音を鳴らすと効果的ですが、これはタイムリミットではなくペースメーカーです。
      わからなくても指針、CHART、解答、検討などにはすべて目を通します。

      2周、3周と増えていくときに「そろそろわかりそうだな」というところには「少し」時間をかけても良いと思います。
      大事なことは
      ・基本例題は数十題一気にやる計画にする(30題くらいが目安)
      ・最初は書いたりしない
      ・反復するといずれわかるから、反復回数を上げるために一回当たりのスピードを上げる
      ・反復回数を上げるために、1回あたりの負荷(脳が頑張る)を下げる
      ・疲れる前に休憩する
      体感、誰でも10周くらいは必要だと思います。

  3. 初めまして。数学の偏差値がずっと50〜55を行ったり来たりな国立志望の新高校3年生です。
    手持ちの教材は教科書、教科書傍用問題集の4プロセス、一対一対応の演習です。
    基礎を固めてからの方がいいのだと言われて、まだ一対一対応には手が出せていません。また、学校の先生から4プロセスを全て書いて解いて復習したほうがいい(A問題も応用のB問題も全て)と言われました。しかし時間がかかり最初の方だけで何時間もかかってしまい、とても疲れてしまいます。(数1、2、A、Bそれぞれ約300問、計1200問以上あるのにも関わらず……)
    この何度も反復する方法をやりたいのですが、傍用問題集ではやめたほうがいいのでしょうか。(例題がなく問題のみが並んでいます。解答別冊)
    A問題(基本問題)のみやるのか、もしくは青チャートを買ったほうが良いのでしょうか?どうすればいいのか、わかりません。よろしければ教えて頂きたいです。

    1. 同じような悩みを持った人がとても多そうな話ですね。
      結論から言うと、傍用問題集は反復に向きません。
      4プロセスは「ドリル」に近いです。同じ解法で、網羅的な問題を無理やり増やしたテキストとも言えます。
      ドリルは小学校の算数ドリルと同じで「やり捨て」に適しています。
      基礎を固めるなら他の問題集を使って別でやった方が良いです。
      基礎を固めるときは「解き方を理解し、条件反射的に解法がわかる状態」になってから初めて書いて解いてみる、という方法がベストです。
      基礎を覚えている段階で「悩む」は皆無にするのが絶対に重要です。
      ただ、それでもⅠAⅡBで300問くらいにはなります。もちろん1200問と比べればとても少ないです。
      1日3時間くらい注げば、1か月でⅠAⅡBは終わります。頑張ってください。

  4. この方法で青チャートのエクササイズの部分までやるべきでしょうか?
    それとも別のより難しい参考書に移った方がいいのでしょうか?
    また、別のより難しい参考書に移る場合、どのような参考書であれば同じような勉強法ができますか?

    1. 基本例題が問題を見た瞬間に解法が浮かぶようになっていれば、1度書いて解けるか確認の1周を入れてください。
      基本例題で8割〜9割方スラスラ解けるようになっていれば(残りも少し手が止まるくらい)、次のステップに進みましょう。
      青チャートがこのレベルなら、全統模試では偏差値70付近にあるはずです。

      次のステップは、個人によって異なります。
      共通するのは、
      志望校入試過去問レベルの問題をやる
      ・このレベルからは、一度解けるかチャレンジする、実際に紙に書いて解くが重要
      ということです。
      入試問題は頭で考えて処理できる量を超えています。
      また、頭に入った基本問題を引き出して利用する練習が必要です。
      そのため、上記のやり方が大事です。
      わからなかったら、何回も腑に落ちるまで書いてやり直してください。

  5. こんばんは。この記事で紹介されている青チャートの勉強法に衝撃を受けました。この考え方をもとに、自分の勉強計画を立て直してみたのですが、英文解釈と現代文の勉強への応用のさせ方がいまいちピントきていません。そこで質問なのですが、英文解釈や現代文の読解の場合も、理解できない部分に関しては(青チャートの例題と同様)知らないだけと割り切って、理解できている部分と同じスピードで進めていき、そして反復していくうちに理解していけばよいのでしょうか。

    1. 数学のやり方と、英文解釈や現代文の勉強法は大きく異なります。
      特に英文解釈は数学と真逆のアプローチが必要です。(リンクを参考にしてください)
      英文解釈の勉強法について7月記事にします。
      簡単に概要をいうと
      単語力や文法力に問題がない状態で解釈を対策することが大事です。
      その上で、全文を「なぜそのような訳になるのかわかる」状態にすることが重要です。
      「なんとなく」そういう訳になりそうだな→「確かに」そういう訳にできるよなと全文を精読することが解釈力向上の鍵です。
      現代文も課題文が何を言いたかったのか、なぜそのような文構造にしたのか理解することが重要です。

        1. 基礎的な事を定着させる段階では、教科にかかわらず時速を意識するべきです。
          なぜなら、基礎は「誰でも」必要な事なので基礎学習の効率を上げることが「誰に対しても」差がつく部分です。

          効率とは、ある部分を1周するのが完了する速度の大きさ、それから反復する回数の多さです。
          速度や回数が他の他人より秀でていることが受験において他から抜きんでる要素です。
          如何に基礎学習を素早く、しかも重厚に(回数多く)質よく終え、それを使ったいわゆる応用的な「書く」学習をスムーズに進行させるかが肝要です。

          例えれば、「九九」を音で完璧に覚えて、算数の文章題では題意理解だけに脳を使い、問題を解くときに余計なロスをなくすということです。

          英文解釈を練習しているのに、単語で苦しんだり、入試問題を解いているのに因数分解で戸惑ったりといった本末転倒な事態を極力避けるのが狙いです。

          その後の応用的な演習ももちろんやり方はベターなものがありますが、記事にできるほどシンプルではありません。
          (記事化は試みてはいます)

  6. 初めまして。この記事の青チャートのやり方について質問があります。私は青チャートの例題をすべてカッターで切り落とし、1A2Bぐちゃぐちゃにして解き進めていました。今日この記事を読んで、ぜひこのやり方でやりたいと思ったのですが、1A2B混ざった状態で150題やるだけでは、記事内の

    >全体を一度見ているので、どの公式が多用されているか
    問題がいくつかのグループに分けられそうだ
    最大・最小の問題はたいていグラフで解かれている
    とか全体的なビジョンが養われはじめています

    このような視点が養われないので、もう一度元の順番に並べなおしてやるべきでしょうか。ご回答お願いいたします。

    1. kiyoさんがどのレベルにあるかが大事です。
      大体どれも解けそうなレベルならバラバラでやるのも効果的です。
      5割くらいが解けそうというレベル(もしくはそれ以下)なら並べてからやるとよいです。

  7. こんにちは。改めて質問させていただきます。時速で計画を立てる考え方は、数学の解法のように基礎的で知っているか知らないか、という勉強に使い、応用力のいる英文解釈などの勉強の時は別のやり方でやるということでよいでしょうか。それともすべての勉強で時速を意識したほうが良いのでしょうか。

    1. つまり、応用的な演習では時速を意識するのではないということです。
      もっと言えば、応用的な演習に極端に時間がかかる場合は、その演習のやり方を考えるのではなく

      「どの基礎力が足りないから応用理解が遅いのか」と考えなおし、弱点となっている基礎部分を時速を意識して修正するようなやり方になります。

  8. こんにちは。質問させていただきます。
    青チャートのやり方ですが、各単元ごとに10周ずつするのと全範囲一気にやるのとどちらがいいですか?
    自分で数列の単元のみを5周してみたのですが、他の単元を終わらしているうちに忘れてしまいそうで不安です。
    また、全範囲一気にやると、周回が遅くなって、定着しなそうに思えます。
    ご回答よろしくお願いします。

    1. こんにちは。
      はやとさんが高校生なのか、既卒生なのかなど環境に拠りますし、個人差がありますが単元ごとがよいと思います。

      早速5周してみたのですね。その積極性がとてもよいと思います。

      忘れそう、もしくは本当に定着しているのか不安になると思います。
      全部習得した、と思ったときに一度全部実際に書いて解いてみるのが良いです。
      ほぼ全部スラスラ解けたらOKです。そうでない場合は周回が足りないです。
      一度書いて解けたら、その後1週間空けて見直してみる(この時は書かなくてもよい)
      その後、1カ月空けて見直してみる、3カ月空けて見直してみる
      という復習が大事です。頑張ってください。
      全範囲一気にやるのが合う人もいますがまれです。

      1. ありがとうございます。追加で質問なのですが、私は現役生で、東大文科を志望しています。
        そこで、青チャートの例題と重要例題と演習(エクササイズ以外のもの)をマスターしたら、過去問演習に入っても大丈夫でしょうか?
        もしくは、上級問題精講や一対一対応を挟んだ方がいいでしょうか?
        他の科目がまだ完成していないのでできれば高速で終わらせたいと思っています。

        1. 青チャート後は、
          ①メインの演習:過去問20年分ほど(自力で考えたり、書いたりする演習)→反復する
          ②補強演習:1対1や標準問題精講、やさ理などどれでも合うやつ(苦手、もしくは応用慣れが必要だと感じた単元で行う)
          ③青チャの復習(マスターした1週間後、1カ月後、3か月後)
          の3つを適宜まわしていくことになります。
          この3つを回しながら、現役生なら東大模試過去問などで力試ししたりすればよいと思います。
          大学への数学なども、力試しやモチベアップに使うのも向き不向きはありますが効果的です。

          1. ご丁寧にありがとうございます。アドバイス通り頑張ります、本当にありがとうございました。

  9. こんにちは。質問させていただきます。
    青チャートのやり方ですが、各単元ごとに10周ずつするのと全範囲一気にやるのとどちらがいいですか?
    自分で数列の単元のみを5周してみたのですが、他の単元を終わらしているうちに忘れてしまいそうで不安です。
    また、全範囲一気にやると、周回が遅くなって、定着しなそうに思えます。
    ご回答よろしくお願いします。

    1. こんにちは。
      このやり方は、1対1のように、基本要素の組み合わせである応用的な問題には向きません。
      問題に対応する解法(マインドセット)が一つではなく複数であり頭だけで処理するのには向かないからです。
      まずは
      ①一度実力でチャレンジ、

      書いて

      解く。(10分の一くらいしか解答できなくてもよい)
      ②わからなくなったら、今までの基本問題のどの考え方が利用できそうか考えてみる。
      ③ある程度考えて(個人差あり。 5分だったり、何日か寝かしたり様々)解答を見る。
      ④解答を、理解、確認しながら一度写す。(理解が難しい場合のみ)
      ⑤問題のみを見て解答の流れを頭で再現。
      ⑥何も見ないで解いてみる
      ⑦翌日、1週間後など時間をおいて解きなおす。(5回くらいはやり直すのが望ましい)
      のような流れがよいと思います。
      応用レベルからは、基本問題のひらめき方(思い出し方)などに個人差があるため、基本解法の習得とは違ってパターン化はしない方がよいです。
      各問題ごとに、いきなり解答を見たほうがよいか、寝かせたほうがよいか考えることが重要です。
      1対1のような問題は、基本解法の組み合わせ方を学べると同時に基本解法の理解の深さまで深くなりさらに学力が上がります。
      基礎問精講など基本問題の存在意義は、このような応用問題の準備運動だったと思えるようになります。

  10. ほかの方へのコメントの回答にあった、青チャートを書いて確認の一周をやってみました。ここで間違えてしまったものはどのようにすればよいでしょうか。大方手は止まらず、計算ミスで間違えたものがある、といった状況です。解法が詰まらず、スラスラ出てくれば、多少計算ミスしてしまったとしても先に進んでしまってよいでしょうか。

    1. 順調にすすんでいるようですね。
      そこまでくれば、気になるならやり直す、大丈夫なら今後の復習にまわす(1週後、1か月後、3か月後)などでよいと思います。
      頑張ってください。

  11. 既卒生です。計算練習は、青チャートの習得のめどが立ってからやるのか、それとも青チャートと並行して一日〇分と決めて取り組むのか、どちらが理想的でしょうか。

    1. 個人に拠ります。
      計算が苦手なら、チャートとは関係なくやり始めるのがよいです。
      失点原因を自己分析した時、計算関連が多いなら優先。そうでないならむしろやらなくてもよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です